Top / 教員紹介
教員紹介

魔法学園の教員たち

 ここでは、魔法学園で知られている教員を紹介します。
これらの教員たちは、運営陣によって運用され、それぞれの
メインストーリーやスピンアウトで登場します。
 魔法学園で行われる講義が、どのような学科長や教員の下に
行われているかという世界観の雰囲気を掴む助けにしてください。

◆古代魔法文明学部

真語魔法学科

“緋緋色金” ナル(人間/男/23歳)

 セルリア魔法学園の現在の真語魔法学科長です。
 黒づくめの服装に、燃え上がるような赤髪に、常に黒いノートを持ち歩き
そして何より、素顔の見えない仮面をつけたその姿は奇妙に見えるでしょう。

 口が悪く、学生を突き離す傾向にあり、
苦笑しながら持ち歩く黒いノートに何やら書き込む姿が多くみられ
典型的な"嫌な先生"としての印象を受けます。

専門の研究/ 失伝された魔法の調査
得意分野/ 魔力コントロール
苦手分野/ 才能やセンスといった、持って生まれるもの
好ましい学生像/ 簡単には諦めない努力家

操霊魔法学科

“微笑み人形”アリス・クラドール(エルフ/女/100歳)
「フフフ、さあ、皆さん、今日も講義を始めましょう」

 セルリア魔法学園の操霊学科長です。
 ふわふわの金髪で、常に人形を持ち歩き、とてもファンシーな姿をしています。
 エルフとしての低身長に加え、常に微笑みを絶やすことがないため、まるで人形のようだ、と言われています。

 見た目は愛らしいですが、講義では比較的厳しく、不真面目な生徒に対しては、講義後に注意することもあります。
その際に前述の通り、常に微笑んでいるため、恐怖を覚えるかもしれません。

 学内にて、獣舎や、騎獣科での動物や幻獣の世話をしている姿が目撃されています。
その容姿に違わず、そういったことが好きなのかもしれません。

専門の研究/ ゴーレムの効率的な運用
得意分野/ ゴーレムの製作
苦手分野/ 攻撃手段全般
好ましい学生像/ 元気で真面目な学生  

◆妖精魔法学部

“妖精貴婦人”レーニャ・サーガ・コクトゥス(フィー/女/54歳)
「今年の新入生たちも、面白そうな物語を見せてくれそうですわー」

 セルリア魔法学園の妖精魔法学部の学部長を務めるフィーです。
ここに書ききれない長いフルネームを持っていて、それを覚えて早口言葉をする学生が毎年数人は出てきます。
 彼女はいつもふわふわとした行動と性格と話し方をしています。
 フィーという種族のさだめである「物語を求める」ことにとても貪欲で、特にロンバルドで開催される創作の祭り・・・通称バルケにはとりつかれていると言ってもいい熱心さです。
 昔、とある老婦人に世話になったことがあるらしく、いまでも(外見が)老いた女性には弱いという噂です。

専門の研究/ 妖精に好まれやすい物語構造について
得意分野/ 各種の武器の扱い、妖精や騎獣との交流
苦手分野/ 腕力や器用性がもとめられること、魔動機術、絵画など
好ましい学生像/ 特にない(何であっても美味しくいただける)

◆神学部

◆近代魔動機学部

スコット・サザランド(人間/男/45歳)
「学ぶためにまず遊んでみろ、ただし、よーく考えてだ」

セルリア魔法学園の近代魔動機学部学部長を務めている男性です。
かつては魔動技師として名が通っており今でも工房にいる時間の方が長い為、学部長として認識していない者もいるかもしれません。
また、蛮族の生息域と実態の調査を片手間に行っているようです。

調子が良い為比較的付き合いやすく、相談相手としては親身になって対応してくれるようですが、それは他者と明確に線を引いている為であり、
自らの分野に意欲的に飛び込んでくる者に対しては感情的になりやすいようです。

専門の研究/ 魔法的遺物の動作解析を元にした新型魔動機の開発
得意分野/ 魔動機いじり
苦手分野/ 書類仕事
好ましい学生像/ 正しい目的の上で手段を作り出すことが出来る学生

魔動機術学科

ユーテリオ・ヒースロー(エルフ/男/20歳)

 セルリア魔法学園第90期卒業生であり、短く揃えた緑髪と、物憂げで冷めた目つきが特徴的な魔法学園の魔動機科教授です。
その着る服には必ずネクタイを締めており、愛妻家として有名です。

 生徒に対して基本的には丁寧かつ公平な態度で接し、
教育内容自体も無難ですが、時折過度のユーモアを発することがあるようです。
 もし「同士」として認めた学生がいるのならば、良くも悪くも一切の遠慮が無い扱いをします。
もっとも、その扱いを不満に思う程度の情熱しかない生徒を同士と認定することはありえないでしょう。

専門の研究/ 魔動機の工学的な制御機構
得意分野/ 魔動機を扱うための全般の知識
苦手分野/ 先鋭的な特化や奇抜な発想
好ましい学生像/ 学問に情熱をしっかりと持っている学生

錬金術学科

シモン・リンドホルム(人間/男/32歳)

 魔法学園の現在の錬金科学科長です。
 常に黒づくめの服装で、陰気な雰囲気を醸し出しています。
長く伸ばした前髪と、眼鏡でその表情は半ば以上隠れています。

 錬金術の研究者としては勿論、学校運営を行う経営者的な才能や、学生への指導力なども優れています。
その一方で、雑談等の日常のコミュニケーションは大の苦手なようです。

 生徒に関しては基本的には不干渉主義で、去る物は追わずという感じの態度です。
ただし、本気で頼られた場合は、口や態度では露骨に面倒くさそうにしながらも、
生徒の求める物を十全に与えてくれるでしょう。
最も、その理由は特に生徒思いだからというわけではなく、職務に生真面目過ぎるほど忠実だからです。

専門の研究/ 体外のマナを効果的に活用する技術(賦術や道具制作)
得意分野/ 道具の加工
苦手分野/ 戦闘やコミュニケーション
好ましい学生像/ 面倒を持ち込まない学生

◆白兵・格闘学部

レムレース・ラフカディオ・ハーン(人間/女/外見15歳)
「貴方たち、ちゃんと勉強してるかしら?頭でっかちだけでもだめだし、腕っ節だけでもだめよ」

 セルリア魔法学園の第90期から試験的に開設され、新学部として確立させた白兵・格闘学部の学部長です。
 一見しては、力のない使用人のメイドのように傍目見られることがあり、コネ就職ではないかと噂されています。

 学部長に就任してからは、教鞭をとることは少なくなりましたが、かつてその指導を受けたことがある人には、
スパルタであったという話しを聞くことができます。

 普段は脳筋教員やしっかりと書類仕事しないレーニャ学部長などの書類仕事を一手に引き受けており、
学生にはただの事務処理してるメイド先生という印象を与えています。
 時折、緑茶を飲んでいる姿を見られており、後片付けは嫌いと公言しています。

専門の研究/ 力の社会的意義と義務
得意分野/ 特になし、全般的に平均程度にできる
苦手分野/ 戦闘や広域殲滅
好ましい学生像/ 勤勉で礼儀の正しい学生

白兵総合戦闘術学科

魔力応用学科

“偽りの凛花”メルレット・シルクローデ(人間/男/18歳)
「なんでドレス着てるのかって?そりゃこういうのが好きだからさ」

 『魔剣の世代』ともいわれるセルリア魔法学園第90期卒業生であり、現在では魔法学園魔力応用学科の学科長に任じられた男性です。
戦士であると当時に、剣神ヒューレの神官でもあり、『神降ろし』さえも可能である言われていますが、真偽は不明です。
身長180センチ以上の長身なのですが、いつも美しいドレスをまとって化粧などもしているために、初見で彼を女性と間違える人物も少なくありません。
ちなみにそのドレスは、彼が自ら作りあげた『作品』であることも多いようです。
学生時代、とある人物からもらったというみごとなスターサファイアの指輪を肌身離さず持っています。その指輪を眺める彼の姿がたまに目撃できるかもしれません。

専門の研究/ 愛と信仰
得意分野/ (いろんな意味の)ごり押し。力でまかり通ることならたいてい得意。
苦手分野/ 防御・知識系。あるいは力や物量によるごり押しが通用しない事。
好ましい学生像/ 学問と恋愛をきっちり両立させて青春してるタイプ

◆技能専攻学部