Top / アザレア学園機関
アザレア学園機関

「学ぶ者は拒まず、学べ、蓄え、活かせ」

「長所を伸ばせ、足りぬ部分は補い合え」

「驕らず誇れ、その力は決して裏切らない」


アザレア学園機関とは

 とても小さな国である学園小都市国家ストレガ
その領土の5割を占めている、4年制の学校機関がアザレア学園機関です。
というのも学園内に居住区、商業区が存在しており
都市にある学園というよりは、都市機能を持っている学園であります。
通称『アザレア学園』『機関』

機関の責任者である学園長はヴィヴリオ・マギアスという外見は若い女性であり
創立から"一度も変わっていない"という噂もあります。
といっても彼女が持つ学園での権限は4割であり
残りの6割は2割ずつ『第一生徒会』『第二生徒会(商業)』『第三生徒会(冒険者)』の3つに振り分けられ
3つの生徒会の合議制で学園の方針は決定されていきます。

学部学科について

 この学校は、学者や商人等、本当の意味での一般人を対象にしており
『学術部(※1)』『商業部』の2つの学部がありました。
しかし、"3年前"から冒険者志望の為の『冒険部』という学部が新たに新設されました。
『冒険部』の3年生が出た事で、『冒険部』の生徒で構成される『第三生徒会』という学生機関が今年から誕生しています。

※1 高レベルセージ育成ではない

機関への入学とクラス制度

 『学びたい』という気持ちを第一にしており、『来るものは拒まず』というスタンスであり
入学料を払いさえすれば入学自体は素行が余りにも悪くなければ誰でも入学する事は可能です。

 入学するとすぐに入学者各々の程度に合わせ、上からAクラス、Bクラス、Cクラス(※2)に振り分けられます。
このクラス制度は努力次第では上のクラスへ移ることも可能です。
しかし、3年生に上がるまで、1年ごとに各クラスに試験を課され、それをクリアできなければ有無を言わさず退学になります。

※2 Aクラス:専門レベル Bクラス:一般レベル Cクラス:0からのスタート

機関の歴史と由来

 機関の歴史は、学園小都市国家ストレガと共にあり、おおよそ250年程です。
大破局後、この地において『マクベス』という、大破局前の遺産を発見した事からはじまり
その解析の為、多くの学者が集まり、その家族たちによって街が構成され、一つの小さな国となりました。

 その際、『マクベス』の全ての解析には膨大な時間を要すると判断され
今後、自分達が死んだ後にも解析を引き継ぐ後継者を作りだす為に
国を上げて、学者を育てる教育機関を創設したのが始まりとされています。

 その後、人口の増加に伴い、規模が大きくなるにつれて
新たな商機として、商人たちが多く入って来た事で、その家族の子供の教育の為
機関は『学術部』と『商業部』の2つの学部に分け、門戸を広げました。
結果的に周囲からは「200年以上続く名門学校」という位置づけになり
貴族や商人の子息を箔付けの一つとして入学させる事もあるようです。(※3)

 そして、"3年前"
突如、機関の長であるヴィヴリオ・マギアスが冒険者育成の為の学部を創設する事を決定したことで
『冒険部』が創設され、冒険者を育成する学部が創設されました。
その表向きの理由として「学商冒の連携(※4)」が掲げられましたが
「近い内に何か起こるのでは?」という噂がありますが、あくまで噂でしかありません。

 今現在では、人間換算12歳から30歳ぐらいまでの多くの学園生が学んでいますが
その多くは『学術部』『商学部』の生徒達であり 新設された『冒険部』の学生は1学年10名にも満たないのが現状です。

※3 ただし、貴族だろうが大商人の子息であろうが試験を不合格になると例外なく退学されられる
※4

機関の特徴

 この機関の特徴として
機関の事は、所属する学生により構成される各生徒会が合議して決定していく事があげられます。
これは機関が創設された時からの伝統であり、絶対の規則でもあり
機関の事に関しては例え国であっても干渉できません。

学生の特徴(冒険部)

 自分の目標を持ち、自分が出来る事を理解し、それを伸ばしていくという教育方針があります。
即ち、己が得意な事を磨き上げ、とにかくそれを特化する傾向があります。
故に何でも出来る人材は殆どいません。
各々が得意な事を磨き、尖らせ、突き抜ける事で得意な事を最大限に生かし
自分に足りない部分は学友達と補い合う事で学園の運営も行われています。

3つの生徒会

 機関には、各学部の生徒で構成される以下3つの生徒会が存在しています。
学業を専門的に学び、専門性の高い学者を目指す『学術部』の学生で構成される『第一生徒会』
商業を専門的に学び、商人を目指す『商業部』の学生で構成される『第二生徒会』
そして、冒険者として己を磨く『冒険部』の学生で構成される『第三生徒会』です。

 各生徒会は原則的に各学部のCクラス以外の学生で構成されており
各生徒会において、「生徒会長」「副会長」「書記」「会計」の役職が設置されます。

しかし、新設された『第三生徒会』では、この原則から外れ
例外的に"Cクラスの中でも最も成績が悪い者"が生徒会長に任命されます。
これは学園長であるヴィヴリオ・マギアスが決定しました。(※5)

※5

第三生徒会

 冒険部の学生達で構成される生徒会という名の学園自治組織です。
副会長は交渉に強く、自治方面を
書記は規則に強く、規則作成方面を
会計はお金に強く、学部予算方面を求められる一方
そして生徒会長は無能である事が第一に求められます
現在の生徒会長はヴァンと呼ばれるナイトメアの男子学生です
彼の奇行には周囲も頭を悩ませており、留学制度で彼が他学校に行った後
嬉しさのあまり宴会を開きましたが数日すると寂しく感じているようです

学部間の確執

 学部は別れていますが学部間での確執はそう酷くはありません。
ただし、"3年前"に創設され、今年から生徒会も設置された『冒険部』の学生達は
他学部からの一部の生徒からは白い目で見られていますが、現状「値踏み」されている段階でしょう。

 しかし、あくまで一部の生徒であり、全体としては確執は表面に出てはいません。
というのも、余りにも酷く、学ぶ事に支障を来すと判断された場合
秘密裏にその関係者は「どんなに優秀であっても"退学"させられる」という噂があるからです。

ただし、あくまで噂
でも、噂を軽んじて強硬策に出る学生は一人もいないのは・・・

ナイトメアの扱い

 冒険部という冒険者の為の学部は出来ていますが大半は一般人が所属する学校です。
故にナイトメアは穢れを持っているなど様々な理由で忌避され恐怖"されてきました"。
ですが、今年から設立された冒険部の生徒会である第三生徒会の生徒会長がナイトメアであり
その生徒会長の効果もあってか、この3年で大分緩和されてきています。
こういう風潮になったのも、全ては生徒会長と機関の長であるヴィヴリオ・マギアスの策謀であると
深い考えを巡らせる者をいますが、その大半は生徒会長とヴィヴリオを見て考えるのをやめてしまいます。
考えるだけ馬鹿馬鹿しいと感じてしまうのです

NPC

"濡れ烏"ヴィヴリオ・マギアス(???/女/???)

「"BBA"だなんて・・・酷いですわぁ・・・」

アザレア学園機関の学園長を務める女性です
しっとりとした濡れ羽色の長髪に濡れた瞳で妙に艶っぽい言葉を多用し
第一印象の大半は「エロい」と判断されます・・・がそれはあくまで暫くの間だけ
何度か見るだけでその「残念さ」を見てしまうでしょう

学園長という機関のトップに就いてはいますが
機関には殆ど身を置いていません
大きな行事や大切な決定事項がある時のみ、気付けばその場にいます
やる事は専ら最後のGOサインを出す位でしょう

また、機関が創設されてからずっと学園長を務めていると言う噂もあり
学生や卒業生たちからは"愛情を籠めて"「ばーちゃん」や「BBA」、「魔女」と呼ばれる事があるようです
そう言われる度にしくしくと泣いていますが本当に泣いているかは定かではありません

授業も殆どしていませんでしたが
『冒険部』が創立されてからは時々、魔法の講義をする事があるようです

留学生制度

 機関自体は大きくはありませんが学園長であるヴィヴリオ・マギアスは特殊なコネを持っているようです。
その関係で、冒険部の第三生徒会が出来たのを契機に、今年から他学園への留学が試験的に試みられており
まずは第一号として冒険部の生徒を留学生として送りだすことになったようです。
その中には、第三生徒会の『生徒会長』も含まれていると言う話しもあります

制服

 アザレア学園には、制服というものは存在しません。
変わりに、腕章が各学部ごとに決められており
腕章を見ればどの学部に所属しているか判断する事が出来ます。

 また、各生徒会に所属すると役職ごとに特殊な腕章が与えられます。

遺産「マクベス」

 学園小都市ストレガが出来た「始まり」である、過去の遺産です。
その正体は、大破局以前のあらゆる事がデータとして納められている巨大な情報端末です。
それは、世間では知られていない古代の魔法等の世紀の大発見から
何でもない主婦のぼやきといった殆ど意味のない事柄など様々です。
ただし、完全に解析が終わっていない為、現在でも解析が進められています。

※イメージ:検索機能が無いインターネットから情報をサルベージする

ストレガの魔剣

 学園小都市ストレガには、魔剣が安置されているようです。
どこに安置されているかは、国の上層部、そして機関の長であるヴィヴリオ・マギアスしか知りません。
ただし、その魔剣の恩恵か、特殊な力を持つ道具や特殊な能力を持つ者がこの国には多数存在するようです。
その中でも、カテゴリが武器にあたる特殊な道具は畏敬の念も籠めて特別に『箒』と呼ばれています。

機関所属生徒作成にあたり

 機関を選択する場合、そのPCは冒険部所属の学生になります
大きな特徴として何か一つを特化させる傾向があります
学年は2~3年であれば問題ありません
生徒会所属にしたい場合は作成者に聞いてみるといいかもしれません

制作PL:amami

関連ページ

MAGIER

所属効果

アザレア機関専用追加学功点アイテム New!

装飾品

【エア・リンカー】 /学功点:100/MPを消費して浮遊状態になる New!

【エア・リンカー】消費学功点100基本取引価格20000G
知名度-形状魔動機が取り付けられたブーツアイテム区分装飾品
概要空中にマナで足場を作り浮遊状態となります
効果  アザレア学園機関の研究チーム「マギア」の手により復元された魔動機ブーツです
補助動作でMPを3点消費することで、最大3分間同じ座標の空中に留まることが出来ます
その地点から移動する際、移動力に+5の修正を受けます
また、カラーリングは入手の際に自由に設定できます

強化

【マギア加工の武器】 /学功点:50/必要筋力-5 追加D-1 持ち主以外が使用する場合命中-2

【マギア加工の武器】消費学功点50基本取引価格取引不能
知名度-形状さまざまアイテム区分武器強化
概要威力をそのままに武器を軽量化させます
効果  ウィッチストーンと呼ばれる特殊な鉱石を使用し武器自体を軽量化を行い
アザレア学園機関の研究チーム「マギア」の手により
その武器の持ち主の身長、体重、癖等を分析し、威力を殺さないように武器を作り上げます
 この加工が施された武器は必要筋力が「-5」され、追加Dが「-1」される魔法の武器となります。
また、他のキャラクターがこの加工を行われた武器を使用する場合、扱いづらいだめ命中力判定に-2のペナルティを受けます。
 この強化にイグニタイト加工を施す事は出来ません
 この強化は、強化元の武器ランクによって、強化費用が必要になります。
費用は「Bランク:7,000G」「Aランク:14,000G」「Sランク:28,000G」「SSランク:56,000G」となります。

【マギア加工の鎧】 /学功点:50/炎属性水・氷属性ダメージ-1、 持ち主以外使用不可 New!

【マギア加工の鎧】消費学功点50基本取引価格取引不能
知名度-形状さまざまアイテム区分武器強化
概要温度変化から身を守り、炎属性水・氷属性ダメージをー1します
効果  アザレア学園機関の研究チーム「マギア」の手により
装備者を採寸し、温度変化から身を守る特殊な布で内側を加工し極地での行動も快適にします
 また、装備者が受ける炎属性、水・氷属性のダメージを「-1」します
 この加工はすでに<魔法の+1>が施された防具には行えません。また、この加工を施した後に、<魔法の防具+1>の加工も施すことができません
 この強化は、強化元の防具ランクによって、強化費用が必要になります。
費用は「Bランク:6000G」「Aランク;12,000G」「Sランク:24,000G」となります

【マギア加工の盾】 /学功点:50/盾を「装飾品:任意」に変更 防護点「-2」(下限無し) 持ち主以外使用不可 New!

【マギア加工の盾】消費学功点50基本取引価格取引不能
知名度-形状さまざまアイテム区分武器強化
概要盾を浮遊させ、防護性能を落としながら「装飾品:任意」に変更します
効果  アザレア学園機関の研究チーム「マギア」の手により
装備者の身長、体重、動きの癖等を分析し、専用の魔動機を装着し
所持者の周りを浮遊し自動で守るように設定し「装飾品:任意」に変更します
また、装飾品として装備された盾は通常の盾と同様に扱います
ただし、浮遊する盾が自由に動き過ぎて、防護点が「-2」されます(下限無し)
 この加工は魔法のアイテムには行えません
 この強化は、強化元の武器ランクによって、強化費用が必要になります。
費用は「Bランク:10,000G」「Aランク;20,000G」「Sランク:30,000G」となります。

【???】 /準備中

その他

【特化の証:●●】/学功点:150/固有技能 特化技能の判定に+1のボーナスを得る

【特化の証:●●】消費学功点150
知名度-形状さまざまアイテム区分-
概要特化技能の判定に+1のボーナスを得る
効果 アザレア学園機関特有の自らの長所を極限まで尖らせている事を意味し、機関の学生としての誇りです。
形状は様々で、特化が認められた者に学園から与えられますが、その特化を怠ると問答無用で没収されます。
 特化技能のレベルが冒険者レベルと同じ時、その技能を用いた判定において+1のボーナスを得ます。
 特化する技能はアザレア学園機関の責任者と話し合って決定します。相談して決定してください。

【機関特性睡眠ハウス】 /学功点:50/睡眠専用の移動型部屋 New!

【機関特性睡眠ハウス】消費学功点50基本取引価格10000G
知名度-形状寝具だけが備え付けられた1畳半の部屋に繋がる鍵ですアイテム区分その他
概要睡眠の為だけに作られた持ち運び式の部屋
入室すると使用者を快眠に誘います
効果  隠れ家を作り出す魔法を応用して作られた移動型の部屋です
予め眠る時間を設定する必要があります
この部屋に入ると強制的に睡眠状態となり
所持者の周りを浮遊し自動で守るように設定します
眠ったキャラクターは1時間半眠っただけで3時間眠った時と同様にHP・MPが回復します
3時間眠ると6時間分のHPとMPが回復します
 ただし、1日に4時間以上部屋にいると機関学長の煽り言葉と共に使用者の恥ずかしい寝言を周辺に大音量で流され強制的に叩きだされます